2008年09月16日

文藝春秋 [ 2008年10月01日号]は面白そうですね。買ってみるかな。

・ 石油・食糧危機常識のウソ−自給率39%の日本は生き残れるか (文藝春秋)
・ 石油・食糧危機常識のウソ/原油−高騰を仕掛けたのは誰だ (文藝春秋)
・ 石油・食糧危機常識のウソ/コメ−間違いだらけの農業政策 (文藝春秋)
・ 石油・食糧危機常識のウソ/バイオ燃料−水田を油田に変えよ (文藝春秋)

・ 石油・食糧危機常識のウソ/水−日本は三百億トンの輸入国 (文藝春秋)
・ 石油・食糧危機常識のウソ/レアメタル−爆食・中国との争奪戦 (文藝春秋)
・ 石油・食糧危機常識のウソ/排出権−環境バブルに騙されるな (文藝春秋)
************************************************************
最近ようやく地球温暖化CO2原因説に対する疑問を投げかける論調が増えてきましたね。良い傾向です。

特に排出権などという馬鹿げたものに関しては絶対に日本は手を出して欲しくないですね。
posted by ondanka at 14:45| Comment(28) | TrackBack(4) | 2008年9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

「中国は脅威」米・韓で嫌中傾向高まる―英BBC調査

2008年8月5日、英BBC放送の調査によると、アメリカ人と韓国人は以前よりも「中国に脅威を感じる」としていることがわかった。環球時報の報道。

調査結果は、4日放送の時事番組「ニュースナイト」の中で発表された。「世界各国が中国をどのように見ているか?」と題して、イギリス人、アメリカ人、韓国人、ブラジル人、インド人を対象にアンケートを実施した。結果、イギリス人は中国を「盟友」と見なしている率が高く、これに反して、アメリカ人と韓国人は中国を「脅威」と感じていることがわかった。また、ブラジル人とインド人の多くは、「近年の異常気象の原因は中国にある」と考えている。 【その他の写真】

中でも韓国人の中国に対する感情は複雑で、回答者の圧倒的多数が「中国は友好的ではない」と回答、歴史的に一貫して隣国を信用していないという結果が現れた。また、世界的な食糧価格や原油価格の高騰の原因が中国の発展にあると考える人が多い。

さらに、廉価な中国製品が世界を席巻していることについて、イギリス人とアメリカ人は「中国製品が生活水準向上に貢献しているとは思わない」と回答している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000021-rcdc-cn
************************************************************
ブラジル人とインド人の多くは、「近年の異常気象の原因は中国にある」と考えている。というのは何故なのでしょうね。ちょっと不思議です。
posted by ondanka at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

溶岩で 高速道路を緑化して 都市を涼しくしたい

土曜日にTBSの夢の扉で放送されていた内容ですが、素晴らしい取り組みでした。溶岩を活用したパネルで首都高速を緑化しようなんて素晴らしいアイデアだと思います。
もしかすると10年後には東京はこの溶岩パネルで緑化されてヒートアイランド現象が解消されているかもしれませんね。

地球温暖化が問題視しされていますが、基本的には温暖化したほうが生物のためには生きやすくなるわけで、人間が暮らしづらくなる部分については、このような溶岩パネルなどの設置によって解消すると言うのがよいかもしれませんね。
posted by ondanka at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

太陽の黒点が約100年ぶりにゼロに、地球の気候に大影響か

太陽活動が低下すると地球の天候に多大なる影響を与えることが知られていますが、この1ヶ月間、なんと太陽の表面上に1つも黒点が観測されていないことが明らかになりました。黒点の数は太陽から発せられる磁気の強さとも関連しており、かなり重要な出来事だそうです。
http://news.livedoor.com/article/detail/3806773/
************************************************************
地球温暖化は今年で終って寒冷化していくのかもしれませんね。そうなった時にCO2犯人説を力説していた人たちはどういう顔をしてマスコミに登場し続けるのか見ものです。

ここ数十年地球温暖化が進んでいたのは事実ですが、それが今後も続くとは限らないということです。もし太陽の活動が地球温暖化の原因だったとしたら、地球寒冷化に転換したのかもしれないということです。
posted by ondanka at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている?

「ここは学会だからね。アンケートなんか気軽に取って、その結果が外部にもれて悪用されたら責任はだれが取るんだ!」
突然、フロアの後方から不快感に満ちた大きな声がした。さすがの丸山茂徳も一瞬たじろいだ様子だったが、すぐに
「それではこの場でのお遊びということで、よろしいですね?」
と会場にあらためて了解を求め、挙手による「お遊びアンケート」が始まった。
http://akumanosasayaki.blog.shinobi.jp/Entry/33/
************************************************************
このブログを読むと専門家は地球温暖化の原因がCO2とは思っていないという事実が良くわかりますね。
付和雷同しやすいマスコミの弊害が如実に出てしまったのが地球温暖化CO2原因説と言えるのでしょう。

週刊文春あたりが地球温暖化CO2原因説は詐欺に近いというキャンペーンでもして欲しいものですね。最近の週刊文春は以前のような切れがないだけにそろそろすごい記事を出して欲しいものです。
posted by ondanka at 10:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)

らくちんランプで紹介されているThe Global Warming Swindle(地球温暖化詐欺)というビデオは必須です。
http://blogs.dion.ne.jp/spiraldragon/archives/7466509.html
まだごらんになっていない方はぜひ一度見ていただきたい。地球温暖化の原因がCO2だと単純に信じている人たちには、少しは反対意見にも耳を傾けて自分の頭で何が正しいのかを判断して欲しいと思うばかりです。
posted by ondanka at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 関連ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

甘く見るな! 猛烈な「ゲリラ豪雨」から身を守る方法

真っ黒な雲が突如とわき出し、突然、バケツをひっくり返したような雨が降る。南国特有のスコールならまだ許せるが、日本のそれは「ゲリラ豪雨」などと呼ばれる招かざる客だ。降雨量は1時間に数十mm、ときには100mmを超えるような豪雨も最近は珍しくなくなった。

 ゲリラ豪雨の恐ろしいところは、いつどこで、どのくらいの雨が降るのか予想しづらいことにある。「今日は一部で雷雨が起きます」とお天気お姉さんに言われても、具体的にどこでどのくらいの雨が降るかは分からない。正直、ものの数十分で局所的に天気が一変するゲリラ豪雨に、既存の天気予報は歯が立たないのだ。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20080818/1017705/
************************************************************
日経トレンディネットの連載記事ですが、都会に住む人は必須の記事ですね。いつ何時ゲリラ豪雨にあうかわかりませんので、対策を知っておくべきでしょう。
posted by ondanka at 09:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 異常気象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

朝から雷で騒がしかったのでブログを書くのを忘れてました

最近妙な天候が多いのは、北京オリンピックで中国がミサイルを撃ちまくったことと関係があるのではないかと思っているのは私だけ?
時期的な点で因果関係がありそうな・・・。
そういえば今年は台風が全く来ないのは何故?
posted by ondanka at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北極の氷冠溶解速度が加速、米報告書


北極の氷が融けると大変だと騒いでいる人たちが多いようですが、ロシアやカナダは喜んでいるようですね。人類のこれまでの歴史において寒くなって死ぬ人は多くても、暑くなって死ぬ人は少ないわけで、別に地球が温暖化しても本当は人類全体にとっては良いのかもしれませんね。
むしろ寒冷化のほうがよほど心配なわけです。
posted by ondanka at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

西アフリカの海岸も水没の危機、ドイツ専門家が指摘


この専門家の予測はどこまで信用できるのでしょうね。何十年も先の気候の予測ができるものなのでしょうか。
今は確かに地球温暖化が進んでいるようですが、CO2が犯人ではなく単なる気候変動によるものだとしたら、今年から地球寒冷化が起きることだってありえるわけで、そうなれば何十年も先にアフリカの海岸が水没する根拠なんかなくなるわけですが・・・。

posted by ondanka at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。