2008年08月05日

ゴア元副大統領と原発利権−温暖化問題、CO2削減は原発推進の口実なのか

週刊朝日 [ 2008年08月15日号]
************************************************************
週刊朝日らしく、ゴアさんの胡散臭さをようやく指摘してくれたようです。CO2削減は原発推進の口実というのはどうやら図星なのでは。私もはじめは、不都合な真実をみてCO2が地球温暖化の原因と思い込んでいましたが、調べて見たらかなり疑わし限りなのです。

最近このブログをちょっとおろそかにしていましたが、再度頑張って地球温暖化のCO2犯人説の問題点を明らかにしていこうと思います。
posted by ondanka at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊誌等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

サミットの主要テーマであっただけに地球温暖化関連の記事が盛りだくさん

・ 「鉄が地球温暖化を防ぐ」/洞爺湖サミットに一石投じる新しい視座 (週刊文春)
・ 「私たち女性にとって、コンビニは交番と同じです」−500人大アンケート (女性自身)
・ 著者/左巻健男−環境問題の本当の<問題>は、経済格差なんです (女性自身)
・ CO2がマネーを生み出す−過熱する排出権ビジネス(1) (AERA)
・ CO2がマネーを生み出す−過熱する排出権ビジネス(2) (AERA)

・ 地球はホントに危ないか−経済で読む「温暖化」の真相 (週刊東洋経済)
・ 省エネ大国の虚と実−排出権取引の実現へ環境、経産妥協の裏 (週刊東洋経済)
・ インタビュー/京都議定書は世界を動かした「第一歩」 (週刊東洋経済)
・ インタビュー/地球温暖化の災いは貧しい国々を直撃する−低炭素社会伝導師 (週刊東洋経済)
・ 21世紀型パワーゲームの幕開け/世界のルールメーカーは先行者利益目指す (週刊東洋経済)

・ <戦時体制>への移行はベルリンの壁モデルで−地球環境問題のカリスマ (週刊東洋経済)
・ 加速するクリーンテック革命/固定価格買取制度が自然エネ拡大のカギ (週刊東洋経済)
・ 本気で炭素離れするなら突破口は宇宙発電だけだ−環境科学の第一人者 (週刊東洋経済)
・ インタビュー/今の地球温暖化対策は間違いだらけだ (週刊東洋経済)
・ 政流観測/晴れ舞台・洞爺湖サミット。そして、待ち構える「政局」 (週刊エコノミスト)

・ ワールド/タイ−原油高で脚光。水牛は地球温暖化を救う (週刊エコノミスト)
・ デタラメ「環境問題」で日本だけがバカを見る! (週刊新潮)
・ 冷えた関係に「温暖化」の兆し−日中関係 (ニューズウィーク)
・ GLOBAL500−複合分析/財務とCSR好循環が理想だが日本企業は− (ニューズウィーク)
・ 亡国の福田サミット/CO2大増税がやってくる! (週刊朝日)

・ エコがトレンド/洞爺湖サミットの<ここがポイント>ガイド (DIME)
・ 本当に役立つ「エコの常識20」−コンセントは抜くべきか、賢いドライブ術 (月刊現代)
・ 和製水メジャー/温暖化で広がる「水格差」 (日経ビジネス)
・ 遅れる日本の温暖化対策/「福田ビジョン」の課題と展望 (週刊エコノミスト)
・ 遅れる日本の温暖化対策/積極姿勢みせる両大統領候補。通商摩擦の火種にも (週刊エコノミスト)

・ 遅れる日本の温暖化対策/「低炭素社会」に動き出す欧米−日本は優等生か? (週刊エコノミスト)
・ 塗り替わる「世界大飢饉」地図−「不都合な真実」は温暖化ではない!? (サンデー毎日)
・ 文明の星時間/必死の共生。 (サンデー毎日)
・ 霞が関/経済産業省−G8エネルギー相初会合、成果上げるも限界露呈 (財界)
・ 政治になった絶滅危惧種−アメリカで激化する保護派と産業界の綱引き (ニューズウィーク)
************************************************************
週刊東洋経済2008年7月12日特大号(2008年7月7日発売)/特別定価670円(税込)において地球温暖化関連の記事が特集されているようです。
posted by ondanka at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊誌等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

地球温暖化に関する週刊誌等の最近の記事一覧

・ 塗り替わる「世界大飢饉」地図−「不都合な真実」は温暖化ではない!? (サンデー毎日)
・ 文明の星時間/必死の共生。 (サンデー毎日)
・ 霞が関/経済産業省−G8エネルギー相初会合、成果上げるも限界露呈 (財界)
・ 政治になった絶滅危惧種−アメリカで激化する保護派と産業界の綱引き (ニューズウィーク)
・ インサイド中国/国連なんてもういらない? (サンデー毎日)
・ ニュース/更迭された米空軍トップはイラン先制攻撃を目論んでいた (SPA!)
・ デジペディア/「デジ×エコ」サミット開催−PC売って植林活動に参加! (SPA!)
・ ネット人民共和国/地球の温度が上がりすぎないようにできることを考えた (フラッシュ)
・ 「環境保護」という美名のもとに利権とエゴが渦巻く温暖化論議に異議あり! (週刊ポスト)
・ バイオ燃料に「木くずショック」−深刻な調達不足で発電用は赤字転落 (日経ビジネス)
・ ネットで聞きました/温暖化対策にどう取り組む? (週刊エコノミスト)
・ TUVALU−地球温暖化で沈みゆく島ツバル (サンデー毎日)
・ 「エコの嘘」が止まらない/<エコ>に巣くう環境問題利権の真相とは? (SPA!)
・ 財界−二期目に入った御手洗経団連の課題 (財界)
・ こちら週刊現代突撃班/排出権取引って、何? (週刊現代)
・ 中長期目標と「セクター別」で議長国・日本は指導権を発揮せよ (週刊エコノミスト)
・ TokyoEye/京都議定書も楽々クリア「え、それだけ?」のエコ生活 (ニューズウィーク)

さてこれらの記事をじっくり目を通すには、マンガ喫茶が良いかもしれませんね。
posted by ondanka at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊誌等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

各界御意見番がオススメ/地球温暖化−入門書から環境問題の解決法まで

女性自身 [ 2008年05月27日号]
************************************************************
とりあえずこの記事を読んで入門書をチェックして購入する本の参考にしようかなと思っています。

先日、楽天ブックスで地球温暖化で検索してみましたが、193件ヒットしました。その中で
「温暖化」を食いものにする人々 地球温暖化という“都合のよい真実”宝島社|2008年 02月発売 ムックその他|ISBN/JAN:9784796661812 本体価格:933円(税込:980円)

暴走する「地球温暖化」論 洗脳・煽動・歪曲の数々
武田邦彦|文藝春秋|2007年 12月発売 単行本|ISBN/JAN:9784163698908 本体価格:1,524円(税込:1,600円)

この2冊を注文しましたので今日あたりには届く予定なので、読み終わり次第地球温暖化の疑問点を明らかにしていこうと思っています。

posted by ondanka at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 週刊誌等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。