2008年08月29日

北極の氷冠溶解速度が加速、米報告書


北極の氷が融けると大変だと騒いでいる人たちが多いようですが、ロシアやカナダは喜んでいるようですね。人類のこれまでの歴史において寒くなって死ぬ人は多くても、暑くなって死ぬ人は少ないわけで、別に地球が温暖化しても本当は人類全体にとっては良いのかもしれませんね。
むしろ寒冷化のほうがよほど心配なわけです。
posted by ondanka at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

西アフリカの海岸も水没の危機、ドイツ専門家が指摘


この専門家の予測はどこまで信用できるのでしょうね。何十年も先の気候の予測ができるものなのでしょうか。
今は確かに地球温暖化が進んでいるようですが、CO2が犯人ではなく単なる気候変動によるものだとしたら、今年から地球寒冷化が起きることだってありえるわけで、そうなれば何十年も先にアフリカの海岸が水没する根拠なんかなくなるわけですが・・・。

posted by ondanka at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

豪雨と温暖化の関係分析へ=共同でモニタリング調査−国交省・気象庁

全国的に多発する突然の集中豪雨と地球温暖化との関係を探るため、国土交通省は16日、気象庁と連携して共同モニタリング調査に乗り出す方針を固めた。2009年度予算概算要求に「地球温暖化影響調査費」として必要経費を盛り込む。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080816-00000224-jij-pol
************************************************************
確かに突然の集中豪雨が増えてますね。昨日は千葉市でも突然の豪雨がありました。この傾向が強まるようなら心配です。
でも何でもかんでも温暖化のせいにするのはなんだかね。どちらかというと北京で気象を左右するために打ち上げたミサイルの副作用ではと疑ってみたりして。
posted by ondanka at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

ドイツ東部でエルベ川渇水


さてこの渇水はドイツの一部地域だけで起きている現象なのでしょうか。それともヨーロッパ全体に異常気象?
posted by ondanka at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

北京オリンピックの環境はどうなんでしょうか?

20080811.JPGということで北京と東京を比較して見ました。最高温度、最低温度ともに東京が高く、湿度は東京が80くらいあるのに対して北京は55くらいですので、何のことはない、東京よりも北京のほうがよほど過ごしやすいようです。

NHKは北京は暑いとか言っていたような?

さて今一番気になるのは、女子マラソンの野口みずき選手が無事出場してオリンピック連覇を果たすことできるかどうかということですが、何とか体調が戻ることを祈るばかりです。こういうときに気功の大家に身体を治してもらえると良いのですが・・・。そんなすごい人はいないのかな。
posted by ondanka at 07:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

蓄電池整備、約6兆円試算 太陽光発電で経産省

経済産業省は8日、太陽光発電の導入量を平成32(2020)年までに現在の10倍まで高めるとの政府目標を達成した場合、電力の安定供給のために蓄電池の整備費用が約6兆円かかるとの試算を発表した。導入世帯が負担する現行方式ならば太陽光発電パネルの購入費用約230万円のほか、1世帯当たり約150万円の追加負担となる計算だ。経産省では小委員会を設置し、費用低減の方法や負担のあり方について検討する。

 同日開催された「低炭素電力供給システムに関する研究会」で示した。政府は太陽光発電を地球温暖化対策の柱としているが、天候や時間帯によって出力に大きな変動が出る問題がある。このため、発電電力が不足する場合に備えた予備電源が必要なほか、電力消費の少ない時間帯は余剰電力が発生し、他の電力施設の稼働率が低下するという懸念があった。

 このため、経産省は電力消費に合わせた出力調整のため、蓄電池の設置や揚水発電の活用など複数の供給安定化策を研究会に提示した。太陽光発電を導入する世帯が蓄電池の設置費用を負担する現行方式では目標達成が困難なため、小委では公的な補助も検討する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000082-san-ind
************************************************************
なるほど太陽光発電にも弱点があるわけですね。
posted by ondanka at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

<リンゴ>温暖化で産地異変…青森、長野の「すみ分け」崩壊

 地球温暖化が、国内のリンゴの勢力地図に異変を起こしている。日本一の生産量を誇る青森県産リンゴが、気温上昇などで熟度が増して出荷時期が早まり、年末を主な市場にしてきた生産量2位の長野県との「すみ分け」が崩れ始めたのだ。両県は、競合を避けるため新たな品種の投入を検討している。

【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化

 リンゴの06年産生産量は、青森が44万1500トン、長野は17万7700トンで、両県で全国の74.4%を占める。青森の主力品種「ふじ」は、果肉が硬くて貯蔵に適しており、春先以降の市場を独占してきた。一方、長野の主力も同じ「ふじ」だが、主要産地の平均気温が青森より1.71度高く、成熟が早いことを利用して、ほとんどを11〜12月の年末に販売。両者で大まかなすみ分けをすることで、ともに値崩れを防いできた。

 ところが、青森県弘前市の平均気温は78〜87年が9.55度だったのに対し、98〜07年は10.52度に上昇。リンゴに袋掛けをする農家の減少などもあって「ふじ」の熟度が増した。その結果、12月の市場単価は長野産を上回るようになった。

 長野県園芸畜産課は「『牙城』にだいぶ入ってこられている。早く収穫でき、単価も高い品種に切り替える必要がある」と危機感を募らせ、品種として「シナノゴールド」「シナノスイート」などへの移行を検討している。

 半面、青森のリンゴは日持ちしにくくなり、独り勝ちしていた春先以降の出荷量が落ち込むことも危惧(きぐ)されている。このため、県は翌年の6月末ごろまで貯蔵できる新品種「あおり21」を開発し、「ふじ」の一部を徐々に切り替えようとしている。

 青森県は「温暖化は100年のスパンの動きだが、リンゴの木を育てるには時間がかかり、今から品種改良を続けるなど対応していく必要がある」としている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080807-00000062-mai-soci
************************************************************
地球温暖化の影響は様々な分野で起きているようですね。
posted by ondanka at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

干ばつ被害深刻、22万人が飲水難に―甘粛省

2008年7月30日、「新華網」の報道によると、甘粛省河西地区の酒泉市や武威市などでは深刻な干ばつが発生し、約22万人の飲み水に影響が出ているという。

黄河の西部に位置する河西地区は同省の穀物の主要産地。今年5月以降、高温少雨の異常気象が続き、夏に入ってからは一段と深刻になり、灌漑用水や飲み水が大幅に不足。この影響で地区合計で約280万ムー(約18万6700ヘクタール)の田畑、2.58平方キロメートルの牧草地、68万頭の家畜、および22万人に被害が生じているという。 【その他の写真】

このため同省では、干ばつ対策として2300万元(約3億4500万円)を投入するとともに、人工降雨を試みたり、水を輸送するなどの緊急対策を講じている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080731-00000021-rcdc-cn
************************************************************
甘粛省は、中国大陸の北西に位置し、西に新疆ウイグル自治区、青海省、北に寧夏回族自治区、内モンゴル自治区、南に四川省、東に陝西省と接しているようです。
オリンピックのある北京とはそれほど遠くない場所にあるようですが、北京は水不足なんてことはないのでしょうか。

それはそうとオーストラリアの干ばつはどうなったのでしょうね。世界中で干ばつが起きたら食糧危機が起きる可能性があるので、ちょっと心配ですが。

posted by ondanka at 07:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地球温暖化に関する雑誌の記事は減ってしまいましたね

・ エコロジー生活/CO2増加が地球温暖化の原因であると言われていますが? (フライデー)
・ スクープ/浜田ブリトニー−地球温暖化ってはやってるんじゃない? (女性セブン)
・ 「女が露出に走る」深遠なる理由/街角<晒し系>美女語る私が露出する理由 (SPA!)
・ カンパニー&ビジネス/原発大国フランスを覆う電力開発のジレンマ (週刊東洋経済)
・ 「地球と一緒に頭も冷やせ!」/地球温暖化「過剰な合意」が生む巨額の浪費 (週刊ダイヤモンド)
************************************************************
サミットが終わって地球温暖化に関する記事や番組が激減しているわけですが、当ブログでは地道に研究していく予定です。
まずはとっくに購入してツンドク状態の「地球と一緒に頭も冷やせ!」を今週中に読んで見る予定です。
posted by ondanka at 07:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

著者インタビュー/「海に鉄」でCO2削減、海藻養殖が温暖化防止に

週刊エコノミスト [ 2008年08月05日号]
************************************************************
どんな内容なのかなと思いますが、エコノミストを買うより直接「鉄が地球温暖化を防ぐ」 という本を買ってみることにしました。

最近良く考えたら地球温暖化関連の本とたくさん買ったのに読んでいない本が多いわけで、お盆にはすべて読んでみるつもりです。
posted by ondanka at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

蛾:宮古の中心街で大量発生 まるで吹雪、夏の怪現象 /岩手

◇街路灯消す騒ぎに
 宮古市や盛岡市などの中心街で大量の蛾(が)が発生している。宮古市では街路灯を消す騒ぎとなったが、今は消灯が功を奏して落ち着いた状態になっている。盛岡市では住民が蛾の駆除に追われるなど、夏の怪現象に気味悪がっている。【鬼山親芳、狩野智彦】
 ◇盛岡でも駆除に追われる
 大量発生したのはJR宮古駅に近い同市大通1〜4丁目の大通商店街の約700メートル区間。7月22日夜から街路灯に群がっているのが確認され、28日夜にはピークに達して路面も蛾で真っ白になった。鱗粉(りんぷん)が目に入って手当てを受けたり、独特のにおいで気持ちが悪くなる住民もいたため、市は業務用掃除機で吸い取る除去作業と路面洗浄にあたった。死骸(しがい)の重さは約100キロに及んだという。
 市環境課によると、蛾は大きさがオスで約2センチ、メスで約4センチのカシワマイマイ。普段は森林に生息しているという。商店会や町内会とも協議し、市で管理する通りの水銀灯41基を29日から31日まで消灯。効果が認められたため現在も消したままにしている。
 同課の藤田聖樹課長は「まるで吹雪のようだった。原因は分からない。地球温暖化と関係があるのだろうか」と初めての現象にびっくりしている。
 一方、盛岡市では5日朝、カシワマイマイと、近縁種にあたるマイマイガの2種類が確認された。
 ◇10年に一度
 県保健衛生課によると、マイマイガは電柱や木の幹にまとめて約500個を産卵。5月ごろにふ化し、7月ごろにサナギ、8月に成虫になる。大量発生の原因は分かっていないが、10年に一度、2〜3年にわたって大量発生するという。
 同市八幡町の八百屋では陳列作業の時間を削って駆除。はたき落とすとほこりのように鱗粉が舞うため、ホースで水をかけた。店主の佐々木雄一さん(59)は「10日前に少し見えたが、今朝急に増えた。野菜を売る商売だから不潔だといけない。仕事が増えたよ」と嘆いていた。
 同市南大通1のマンションでは、1階から最上の14階まで廊下の外灯付近を中心にびっしり。管理人の男性(61)は「掃除機などを使って何とかしのいだ。明朝が心配だ」とうんざりしていた。
 県保健衛生課は「衛生害虫ではないため、保健所として特に対応していない」としたうえで、「対策は明かりを暗くするくらい。飛んでいる成虫の駆除は難しいので、産みつけられた卵を掃除機や粘着テープで吸い取るなどの駆除を勧めている」と話している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080806-00000044-mailo-l03
************************************************************
不気味な話ですね。地球温暖化の影響、それとも天変地異の前触れなんて思ってしまいますが、単に10年に一度起きる現象にすぎないのかな。
posted by ondanka at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

多治見で温暖化対策サミット 石原良純さんら意見交換

【岐阜県】「日本一暑い街」で知られる多治見市が地球温暖化防止を呼び掛ける「あっちっちサミット2008」が3日、同市豊岡町のまなびパークたじみであった。

 トークセッションでは、俳優で気象予報士の石原良純さん、42・7度の非公式最高気温記録がある東京都足立区の近藤やよい区長、市民らでつくる多治見地球温暖化を考える会の山本寿一さん、古川雅典市長が意見交換。日本福祉大の千頭聡教授がコーディネーターを務めた。

 参加者からは「環境問題に取り組む市民活動のネットワーク化が必要」「緑が増えることは、街自体の価値も上げるという意識が広がってほしい」「温暖化対策は考えるだけでなく、行動に移す段階に来ている」といった意見が出た。

 石原さんが「空を見よう」と題し「次の世代に地球を渡すために遠くを見る目を持とう」などと話した基調講演もあった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080804-00000014-cnc-l21
************************************************************
どのくらい参加者がいたのでしょうかね。ネットで内容を公開してくれると良いのですが、そんなことをするわけないのかな?
posted by ondanka at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008年8月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。